最新情報

2019年 ゴルフ 新ルール改正!OB,ドロップ,距離計,プレ4など

ゴルフルール2019変わる

2019年よりゴルフのルールが大きく変わります。(犬は全く関係ありません。笑)

 

2019年1月1日に施行する新規則(新ルール)がR&A(英国ゴルフ協会)とUSGA(全米ゴルフ協会)から発表されました。2018年も中盤を迎えたので、2019年から良いスタートを切れるようにルールを確認しときましょう。今回はJGA(日本ゴルフ協会)のホームページを参考に主要な部分を紹介しようと思います。

2019年1月1日より新ルール改正狙いは?

なぜルール改定があるのか。改定の狙いはなんなのか。

それは

  1. ルールの簡素化によるプレー時間の短縮
  2. ゴルフのルールが複雑すぎる

 

主に、この2点。ゴルフ人口の減少に歯止めをかける狙いがあります。

 

(・∀・)<お金も時間もかかるスポーツだからせめて時間だけでもスムーズになればいいね。

 

コース内の名称が変わります。新用語を覚えましょう!

ティーインググラウンド→ティーイングエリア

スルーザグリーン(フェアウエーとラフ)→ジェネラルエリア

ウオーターハザード→ペナルティーエリア

バンカー→(変わらず)

パッティンググリーン→(変わらず)

(・∀・)<覚えておきましょう。

※ウオーターハザード=(池や小川など 水のある場所、砂漠、ジャングル、溶岩石だけだが、新しいペナルティーエリアは崖、球を見つけることや打つことが困難な場所も含まれる)(救済処置は原則として現在のラテラル・ウォーターハザード同じ1打罰です。ハザードから出すのに1打と考えましょう)

 

コース内の名称が変わる

 

距離計測機器の使用がOKに!

距離計測機器の使用できるようになります。(高低差や風向きなど、他のプレーに影響する要素を計測することはできません。)

距離計測器の使用OK

 

紛失球の捜索時間が 3分になります。

紛失球の捜索時間が 5分から3分に短縮されます。

ゴルフ3分に変更

(・∀・)<このことは紛失球となる可能性を高めるので暫定球をプレーするプレーヤーが増えるかもしれませんね!

 

紛失球やOB球について

新しいローカルルールとして、ボールの紛失やOBの場合は2打罰をすれば、ボールがなくなった付近からドロップしプレーできる。
(※プロ競技などのレベルのプレーは対象としていない)

 

スタンスをとった後、キャディーが後方に立つことはできません。

新しいルールではプレーヤーがスタンスをとった後にキャディーを後方に立つことを禁止しています。ストロークを行う前にキャディーがその場所を離れたとしても一般の罰(ストロークプレーでは 2 打)を受けることになります。

キャディーは後ろに立ってはだめ

ドロップの方法「肩の高さから膝の高さ」

現在のルールは肩の高さからドロップしますが、新しいルールでは「膝の高さ」からドロップすることになります。

膝上からのドロップでいい

(・∀・)<低い位置からドロップすることで、救済エリアの中に球を止めやすくなりますね!

 

自打球や2 度打ちをしても罰はありません。

打ったボールが自分に当たったり、自分のキャディーや携帯品に当たった場合は、今まで1罰打でしたが、無罰になります。2 度打ちしても無罰です。偶然、 2 度打ちしてしまっても罰はありません。そのストロークを 1 打と数えるだけとなります。

 

救済を受けるときにマーカーに報告しなくてもいい

2018年までのルールでは、救済処置をする場合にマーカーに報告しないといけなかったが、2019年よりしなくていい。なお、暫定球をプレーする場合は、これまで通り、「暫定球をプレーします」と告げなければなりません。

(・∀・)<今まで以上に信頼感と誠実さを求められるね。

 

救済を受けるときは、いつでも球を取り替えれる

2018年までのルールでは罰なしの救済(例えばカート道路からの救済)では球を取り替えることはできませんが、2019年からのルールでは、罰あり、罰なしに関係なく救済規則に基づいて拾い上げた球は別の球に取り替えることができます。

 

バンカーのルールの緩和

・バンカーで 2 罰打を加えたら、バンカー外にドロップできます。(2 打の罰を加えれば、球とホールを結ぶ線上でそのバンカーの後方の外側にドロップすることができます。)

・球がバンカー内にある場合、ルースインペディメント(木の葉、石などの自然物)を罰なしに取り除くことができるようになります。

手やクラブで砂に触れても罰はありません。

バンカー二打罰で出せる

(・∀・)<バンカーが苦手なプレーヤーにとってはよいルールかも知れません。バンカー内の小石はとりたくなるし。

バンカーでクラブをつける

(クラブを砂の上に置いている様子)

 

キャディーはパッティンググリーンの球をマークして拾い上げることができます。

現在のルールでは、キャディーであってもプレーヤーの球を拾い上げる場合はその都度承認が必要です。新しいルールでは、パッティンググリーンの球に限っては、キャディーがプレーヤーの承認を得なくてもマークして拾い上げることができます。

 

パッティンググリーン上でのルールの緩和

★パッティングするときに、ピンフラッグ(旗竿)を立てたままパットすることができます。(もしパットした球がホールに立てられているその旗竿に当たっても罰はなく、球はあるがままにプレーします。)

ゴルフフラッグ立てたままパター

(・∀・)<パッティングの時にフラッグを抜き差ししなくていいので時間を節約になるでしょうね。

 

★パッティンググリーン上のプレーの線に触れても罰はありません。

(・∀・)<例えば、キャディーさんがねらい目を指で触ることも違反ではありません。

 

★パッティンググリーン上で偶然に球を動かした場合も無罰。

(・∀・)<おっとっと、すいません、気づかずにボール動かしちゃいました。

 

★パッティンググリーン上の損傷箇所(人、動物、乗り物などによって作られたもの)を修復できます。

パッティンググリーンの損傷箇所(人、動物、乗り物などによって作られたもの)を修復することができ
ます。例えば、動物が足跡をつけてたら直せる。

(・∀・)<もちろん自然に凹んでたり歪んでいるところを直すことはできません。

グリーンを修復

救済エリアを計測するクラブ

1 クラブレングスや 2 クラブレングスの救済エリアを計測する場合に使用するクラブは、レーヤーがそのラウンドのために持ち運んでいる最も長いクラブ(パターを除く)となります。

 

「球が動いた」の罰の免除や軽減

新しいルールでは次の場合に球を動かしたことの罰が免除されます。

  • 球を捜しているときに自分の球を動かした場合
  • パッティンググリーン上で偶然に球を動かした場合
  • ルールに基づいて球をマークする、拾い上げる、リプレースするときに球を動かしてしまった場合

 

2019年ゴルフ規則書(ルールブック)購入方法

2019年のゴルフ規則書(ルールブック)購入方法については、こちら

 

(・∀・)<この20年でゴルフ人口は半減している。深刻な問題だ。お金も時間もかかるスポーツなので特に若者は好まないでしょう。ルール改正ももちろん人口減に歯止めをかける策の一つだが、もっと米国のようにカジュアルでリーズナブルにしていかないと日本のゴルフ市場は厳しくなるでしょうね。(それなのにゴルフ利用税も徴収されて、ゴルフ場はかわいそうだ。)とにかく、これからも世界のゴルフ協会の動きには注目しておきたい。

(・∀・)<シェアしてゴルファー友達に共有してあげてくださいね。

フォローをお願いします(1人1回) マークでOK

ご予約・プランのお問い合わせ

ご予約・コースについてのお問い合わせ
083-932-1000営業時間 7:30~18:00
お問い合わせフォーム

LINE@友だち追加でクーポンGET

友だち追加

LINEをフォローしていただくとその日からご利用いただけるクーポン件を発券します。下記よりご登録下さい。

友だち追加